1999.2.15 (月)

講演会のお知らせ

以下の要領で,季節調整法・ソフトウェアに関する講演会を開催致します.季節調整法,季節調整モデルに関心がおありの方ならどなたでもご自由に参加いただけます(参加費無料).

今回は米国商務省センサス局のCatherine Hood女史をお招きいたします.Hood女史は,X-12-ARIMAのグラフィックモジュールであるX-12-Graphの開発担当者で,今回の講演ではX-12-Graphのデモに加えて,X-12-ARIMAに追加された新機能も解説されます.また,現在のところX-12-ARIMAはWindows上のConsole Applicationに過ぎませんが,これをGUI的に利用するためのSASモジュールも披露予定です.

フッド女史の講演に続き,統数研の佐藤整尚氏によりS-DECOMPの紹介が行われます.既にインターネット上で実行できる季節調整ソフトとしておなじみ(?)のWeb-DECOMPに,インストールベースの兄貴分が登場しました.Web-DECOMPに比べて自由度の高いモデリングが可能で,季節調整のみならず時系列解析用の総合ソフトウェアと位置づけてよいものです.

この講演会に関する情報は,逐次このホームページでご案内して参ります.

直接のお問い合わせは,統数研・川崎まで電子メールでお願いいたします.(kawasaki@ism.ac.jpまで.)



講演会「季節調整のフロンティア '99」

日時: 1999年 3月 4日(木) 13:30 - 16:30
会場: 統計数理研究所・講堂
東京都港区南麻布 4-6-7
参加費用: 無料

プログラム

13:30 - 14:20
『X-12-ARIMA診断検定とX-12-GRAPH: 事例解析(1)』
Catherine C. Hood (合衆国商務省センサス局)

14:40 - 15:30
『X-12-ARIMA診断検定とX-12-GRAPH: 事例解析(2)』
Catherine C. Hood (合衆国商務省センサス局)

15:50 - 16:30
『時系列解析・季節調整ソフトウェア「S-DECOMP」の紹介』
佐藤整尚 (統計数理研究所・予測制御研究系)

(注) Hood女史の講演は英語で,佐藤氏の講演は日本語で行われます.
(S-Decompのホームページ)